2019年夏期講習 お申込み受付

  • 2019/6/17 21:00よりお申込み受付を開始する予定です。
  • サーバーメンテナンスの都合により、本日のお申し込み開始時間は前後する可能性がありますが、締切人数はございませんので、本日以降いつのお申込みでも受講できます。ごゆっくり受講したい講義をお選びになってください。

主な特徴

  • 教員免許更新に必要な 30時間の講習をすべてeラーニング で受講できます。(ただし、認定試験は希望会場での筆記試験となります)
  • サポート配慮 を希望される先生にも安心して受講していただけます。
  • 忙しい教員の方々にも確実な修了・履修のために手厚くサポートいたします。

講習スケジュール

夏期講習

申込 2019/6/17〜2019/7/26
受講 2019/7/16〜2019/8/23
試験 2019/8/25(日)13:00〜
認定 2019/9/9 ごろ

秋期講習

申込 2019/8/12〜2019/9/20
受講 2019/8/26〜2019/10/18
試験 2019/10/20(日)13:00〜
認定 2019/11/5 ごろ

冬期講習

申込 2019/10/7〜2019/11/15
受講 2019/10/21〜2019/12/13
試験 2019/12/15(日)13:00〜
認定 2019/12/20 ごろ

新春講習

申込 2019/12/2〜2020/1/10
受講 2019/12/16〜2020/2/7
試験 2020/2/9(日)13:00〜
認定 2020/2/24 ごろ

受講対象者

  • 新免許状所有者(平成21年4月1日以降に初めて教員免許状を授与された方)は、免許状記載の有効期間を確認してください。
  • 旧免許状所有者(平成21年3月31日までに授与された教員免許状を持つ方)は、修了確認期限 2020年3月31日 または 2021年3月31日 の方が対象です。ただし新春講習は、修了確認期限 2021年3月31日の方のみ が対象となります。
  • 現職の教員でない場合や修了確認期限の延長をしている場合など、上記以外も受講対象となる場合があります。
  • 受講対象者であるかどうかは、申し込み前に必ず確認をしてください。

修了・履修認定試験

  • 指定日に希望会場にて、マークシート等による筆記試験です。(13:00〜、1科目あたり30分)
  • 講習で使用した資料等の印刷物は、試験時に持ち込み可能です。
  • 全国に会場を設定する予定です。(述べ40会場)
  • 遠隔地、離島、過疎地域にお住いの方は、監督者委託型試験が利用できます。(要相談)
  • 学校や地域などでまとまった受講者がいる場合は、団体受験が利用できます。(要相談)

講習一覧

  • 時間数:1科目 6時間 、受講料:1科目 6,000円
  • 選択必修および選択の科目において、同じ科目名の講習を受講することはできません。
【必修】社会・子どもの変化と教育の課題 子どもたちが活き活きと生活していくために、教員としてどのように子どもや親を支援していけばよいのか、一緒に考えましょう。
【選択必修】教員のICT活用と教育の情報化の実際 インターネットやICT機器の利用について、正しく理解を深めることにより、子どもたちに適切に指導できるようになりましょう。
【選択必修】仏教に基づく道徳教育と人間形成 道徳教育に期待が高まる中、日本の文化や仏教にも目を向けながら、道徳について理解を深めるきっかけにしたいですね。
【選択】教員のICT活用と教育の情報化の実際 インターネットやICT機器の利用について、正しく理解を深めることにより、子どもたちに適切に指導できるようになりましょう。
【選択】仏教に基づく道徳教育と人間形成 道徳教育に期待が高まる中、日本の文化や仏教にも目を向けながら、道徳について理解を深めるきっかけにしたいですね。
【選択】教師のためのオフィスソフトの使い方~アンケート調査を例に~ オフィスソフトの基本操作を学習し、単に教師自身の技術習得だけでなく、児童生徒への指導のヒントとなることを目指します。
【選択】やさしい児童期・思春期の精神医学〜その深層心理と心の病気〜 児童期・思春期は心理的・社会的発達に大切な時期です。深層心理を学び、心の病を理解しましょう。
【選択】学校現場のメンタルヘルス 学校での不登校、いじめ、発達障害、自殺、新しくはスマートフォン問題を解説し、教師の対応の仕方を学習します。
【選択】学校における消費者教育 「消費者教育の推進に関する法律」が成立、施行されました。学校、家庭、地域における消費者教育の仕方を解説します。
【選択】雇用のルール ブラック企業、格差社会を是正する力を養う法教育には、雇用のルール(労働法)の体系的な理解は不可欠です。
【選択】わかりやすい環境問題 常に、正しく理解し、むやみに怖がったり、むやみに安心したりしないで、冷静に判断できるようになりたいものです。
【選択】成績評価のための統計学講座 統計学を成績評価という点から学習し、平均、分散、標準偏差、偏差値等の意味を知り、その計算方法を習得します。
【選択】Webとその作成 Webの仕組みと作成方法を学習し、Webシステムについての理解とページ作成に必要となる実践的知識を習得します。
【選択】宇宙と素粒子 我々の宇宙は、どうして、どのようにして現在の姿になったのか。素粒子の世界を調べていくことでその謎を解き明かします。
【選択】ICTを活用した「アクティブ・ラーニング型」力学授業法 実験結果の予測の正否をICT活用実験で一気に決着。これこそ「眼からうろこの科学授業法の真髄だ!」と痛感するに違いありません。
【選択】未来への新しいエネルギーと発電のしくみ 太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス、振動エネルギーについて講義し、持続可能な社会のためのエネルギー利用技術と活用例を解説します。
【選択】バイオへの誘い(生命の仕組み) 生きるために必要な、エネルギー獲得や遺伝などにあずかる分子とその動きを学び、最近のバイオの発展を解説します。
【選択】子ども達と一緒に語る資源とエネルギー 資源・エネルギー問題は、しっかり現実を見つめる目を養うために、エネルギーの基本にもどって考えることも必要です。
【選択】わかりやすい小学校理科実験の手引き(電気・磁気) 電磁気は、新しい項目が追加され戸惑っておられる先生方も多いので、先生方のご質問に答える形で授業に含めています。
【選択】風景のサイエンス 風景は時々刻々変化するが、水蒸気やチリのわずかな配合の具合で驚くほど変貌することを原子、分子のレベルで解説します。